自由設計なのにローコスト住宅を建てられる【住み心地の良い家】

生活しやすい地域での購入

間取り

資金には余裕が必要

一戸建ての購入を考えている人の中には、職場へのアクセスよりも休日の時間を有効に過ごせる場所を探している人も多いのではないでしょうか。そんな場所として最適なのが茅ヶ崎市です。茅ヶ崎市は、夏は暑くなり過ぎず、冬は暖かい地域で、年齢関係なく過ごしやすいです。また、海に面している地域ということもあり、マリンスポーツをしている人には憧れの地域でもあるでしょう。この茅ヶ崎市からは富士山や江の島、烏帽子岩や伊豆半島、伊豆大島なども望むことができ、散歩をするにも他にはない眺めで楽しむことができます。この茅ヶ崎市の相場としては、新築一戸建てで約3,477万円、中古一戸建てであれば3,196万円となっています(2017年3月27日調べ)。これだけの資金を用意することができれば、生活しやすい、憧れの地域での生活も可能なのですが、この一戸建て購入資金以外にもお金が必要になることを忘れてはいけません。不動産屋を利用すれば仲介手数料が必要になりますし、住宅ローンを利用することになれば利息も発生します。その他にも登録費用なども発生しますし、生活をする上で必要なものを購入することも忘れてはいけません。中古物件であれば、照明器具やカーテン、エアコンなども購入する必要が出てきます。このように、住宅を購入する場合には、住宅購入の資金だけを考えていたのでは生活を始めるときには、お金が全くないということにもなりかねません。一戸建てを購入するときには、一定の余裕をもって購入を考える必要があります。